【冬場に増えるノロウィルス】潜伏期間と症状 予防するには?

激しい下痢や嘔吐などの症状を引き起こすノロウイルス。
毎年冬場に流行する感染性胃腸炎の主な原因であるノロウイルスは感染力が強いのが特徴です。
特に保育園や幼稚園、小学校などで集団感染が起こりやすく、感染した子どもがおうちにウイルスを持ち帰り、あっという間に他の家族に拡がってしまうケースも珍しくありません。
ご家庭内の感染を防ぐために、ノロウイルスの正しい予防と対策方法をご紹介します。

ノロウイルスってなに?

ノロウイルスは毎年11~1月に流行する、感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。
主にヒトの手指や食品などを介して感染し、おう吐、下痢、腹痛などの症状を引き起こします。
ノロウイルスの治療薬や予防のワクチンはなく、特に抵抗力の弱い子どもやお年寄りは吐いた物を喉に詰まらせたり、肺に入って肺炎を起こして死亡するケースもあるので注意が必要です。またノロウイルスは感染力が非常に強く、感染者の吐物やふん便中に含まれる数百万~数億個のうち、わずか10~100個程度で感染すると言われています。
このように非常に強力なウイルスとして知られ、少量でも感染能力があるばかりか、今年主流となっている新型ノロウイルスは、過去に一度ノロウイルスに感染していても免疫がつかず、何度でも感染する可能性があります。

感染すると、どうなるの?

感染すると、1~2日で発症。吐き気、おう吐、下痢、腹痛などを引き起こし、発熱することはあっても、高熱になることはあまりありません。通常、これらの症状が1~2日続いた後、自然に回復しますが、高齢者や子供の場合は、1日に20回以上の下痢をおこし、脱水症状などで入院が必要となることがあります。また、感染しても発症しない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。しかし、そんな人のふん便にも発症者と同じほどのウイルスが潜んでいるため、二次感染の予防対策に注意が必要です。

ノロウイルスを予防するには?

ノロウイルスの予防だけでなく、すべての感染症の予防の基本となるのが「手洗い」です。

特に外から帰宅した時とトイレの後は、手に細菌が付着しているため清潔にしなければなりません。食事の前は手に付着している細菌が食べ物を介して体内に入らないようにするために、両手をきれいにする必要があります。

ノロウイルスは一般的な細菌の30分の1から100分の1ほどと非常に小さく、手のしわなどに深く入り込んで体内に侵入するチャンスを狙っています。

そのため、爪の内側やふちのところ、指の又の部分、手のひらのしわの中など、洗い方が不十分になりがちな場所を重点的に石けんを使って丹念に洗いましょう。

【手洗いの順序】

  • ①まず流水で表面の汚れや付着物を落とします
  • ②石けんをよく泡立てて、手全体に付けます
  • ③手のひら、手の甲、指の間を両手を組むようにしてもみ洗います
  • ④親指を片方の手で包み、しごくように洗います
  • ⑤指先で手のひらのしわまでしっかりもみ洗います
  • ⑥手首をつかんでもみ洗います
  • ⑦爪ブラシなどを使って爪の間を丹念に洗います
  • ⑧流水でよくすすいで石けんを落とします
  • ⑨ペーパータオルで水分をしっかり取ります
  • ⑩あれば消毒用アルコールを両手につけてすり込みます