作成者別アーカイブ: sa-life2

煽り運転とは??

煽り運転が原因で生じてしまった不幸な事故が報道されると、各メディアが大々的にその危険性をクローズアップします。

 

メディアが取り上げないだけで、煽り運転をされるケースは毎日のように全国各地で起こっています。今回は、煽り運転をされないために有効な、ドライブレコーダーを設置するなどの対策、煽り運転をされた時の対処法を紹介します。その他の煽り運転の罰則規定についても取り上げます。

煽り運転とは、意識的に行う他の車に対する嫌がらせ行為です。具体例として、以下の行為が煽り運転に該当します。

・先行車に対して、接触するスレスレまで車間距離をつめる

・先行車を意識的に追い回す

・ハイビームやパッシング、クラクションで威嚇する

・無理な幅寄せをして並走する

・ウィンカーを右に出し続ける

明確な定義はありませんが、他車に身の危険や強い不安感を与えうる運転行為は、煽り運転といってもよいのかもしれません。

 

煽り運転でよくある「車間距離の詰めすぎ」

煽り運転は、先行車の速度に後続車がイライラして、車間距離を接触スレスレまで詰めてしまうというケースがよくあります。車間距離を詰める運転行為は、道路交通法26条「車間距離の保持」の違反事項となります。

急に停止したときとは、判例解釈では急ブレーキをかけて止まった場合だけではなく、何かにぶつかってブレーキをせずに急に止まってしまった場合も含むと判断します。

 

車間距離を保持できなかった場合の罰則規定

車間距離を詰める運転行為は、道路交通法違反です。高速道路か一般道路での走行時かによってもその罰則規定は異なります。

 

高速道路

3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金

1万円、15千円、2万円の反則金

違反点数2

 

一般道路

5万円以下の罰金

6千円、8千円、1万円の反則金

違反点数1

 

車間距離の目安

免許を取得してからは、さほど具体的な数字では意識した事のない車間距離は、停止距離で考えるとその数値を確認する事ができます。停止距離は、空走距離と制動距離との合算値となります。

空走距離とは、ドライバーが危険を感じ~ブレーキを踏んでから効き始めるまでに車が進んでしまう距離です。制動距離とはブレーキが効き始めてから車が停止するまでに進む距離の事です。

車間距離は、前を走る車が急にブレーキをかけた際に、その動きに合わせ自車がブレーキをかけてもぶつからない程度の車と車との距離の事をいい、停止距離とは深い関係にあります。

 

停止距離は、

時速30kmでは 14m

時速60kmでは 44m

時速100kmでは 112m

とスピードが増える分だけ止まりにくくなるため延びていきます。その他には、路面が雨でぬれていたり、雪で覆われている雪道や凍結路面も距離が延びる要因です。

 

煽り運転が原因で起こった事故の罰則規定

煽り運転が原因で死傷事故が起きてしまった際には、危険運転致死傷罪が適用されます。その罰則規定は、負傷事故であれば最長で15年以下の懲役、死亡事故であれば20年以下の懲役(加重により最長30年以下とすることも可)。

また、免許の点数は4562点の範囲で減点、行政処分により5年~8年に及ぶ年単位で免許が取得できない欠格期間が下されます。