煽り運転・危険運転をされたときの対処法

もし自分自身があおり運転のターゲットにされてしまった場合、どのような対策が考えられるのでしょうか。焦らず確実に対応し万が一の事故を起こさないための対処法です。

 

道を素直に譲って追い越してもらうのが最善策

後続車が煽り運転をする理由として、先を急ぎたいのに先行車のスピードが遅くてイライラしてしまう心理があります。その他の理由も考えられますが、素直に道を譲って先に行ってもらえば煽り運転をしていた車はいなくなります。

 

後ろは気にせず平常心で自分の運転に集中する

道を譲ろうにも道路事情によっては難しいケースもあります。そういった場合には、後ろは気にせず自分の運転に集中しましょう。

煽り運転を気にして、スピードを上げて意識は後ろの車ばかりに集中してしまうと、最も注意すべき前方の安全確認がおろそかになってしまいます。煽り運転の影響を受けて自分の運転に集中できなくなってしまうと、事故につながりやすくなってしまいます。

煽り運転はされていても後ろは気にせずに、平常心で自分の運転に集中しましょう。もしも、一本道で煽り運転をされていたら道端に空きスペースを発見したら、そこに停車して後続車に道を譲ってあげましょう。

 

煽り運転や危険運転をされた時の注意点 冷静に判断して行動しよう

何故あおり運転の被害にあっているのか、その理由を考えることも大切です。理由を考えることであおり運転をするドライバーへの対策も考えられるので、自分自身の状況を整理してみましょう。

 

自車が追い越し車線を走行していないかを確認する

高速道路でスピードの出る車に乗っていれば、出したくなってしまうのがドライバー心理です。その他にもプライペートで先を急ぐ事情があれば、スピードアップにつながっていきます。

高速道路を走行中に煽られていると感じたら、自車が追い越し車線にいないかどうかを確認しましょう。追い越し車線は、スピードを出して急ぎたいドライバーに譲る配慮も必要です。

追い越し車線を譲って走行車線へと車線変更をしたのに、それでもなお煽り行為が続くようであれば、高速道路のパーキングエリアあるいはサービスエリアに移動する事をお勧めします。最寄りに、そういった場所がなければ路肩へ移動して停車する事をお勧めします。

 

急ブレーキで対抗すると過失が発生して最悪の場合は事故につながる可能性も

煽られている場合の対抗措置として急にブレーキを踏みこめば、事故の危険性はさらに高まります。急ブレーキは、煽り運転が原因で事故が起きてしまったとしても、過失責任が自分にも及ぶ可能性のある運転行為なので控えるようにしましょう。

煽り運転をされても平常心で!

 

事故を防いで第三者に被害を与えないために

自分のした無理な車線変更が煽り運転の原因となる事もあります。もちろん、自分に全く理由がないのに煽り運転をされてしまうケースもあります。

理由はどうであれ、煽り運転をされた場合には平常心でいつも通りに安全運転に徹し、先を急ぎたい後続車に素直に道を譲るのが得策です。無理にスピードを上げてしまえば、自車も速度超過で交通違反となってしまいますし、意識が後ろの車ばかりに集中して前方の安全確認が疎かになってしまえば第三者をも巻き込んだ事故を招いてしまうかもしれません。

煽り運転が自分の不幸につながらないため、関係のない人に被害を与えないためには、後ろの車を意識しすぎない平常心が大切です。