梅雨時期の洗濯物を臭わず早く乾かす方法:ポイント2「干し方」

前回のブログで乾かす場所はリビングが一番 ! っと書きました。

乾かす場所が良くても、それだけでは5時間を切る乾燥というのはなかなか難しいものです。先ほどのリビング干しの場合、外で小雨が降った状態で、「約6時間半」ほど、乾燥に時間がかかりました。これだと、雑菌の臭いがし出してもおかしくない乾燥の時間って事になるので、もっと効率よく乾燥をさせるために、次の3つの干し方を実験してみました。これを実践すると5時間を切るほどの速さで乾燥時間を短縮できます!

1)干す時の並べ方や吊り下げ方を工夫する

干し方に関しては、並べる時に間隔をあける事で空気の通り道を作ってあげるのが大事なポイントです。

「ある程度間隔を開けて干す」「ズボンであればひっくり返して干す」「長袖であれば逆さまにして干す」「生地と生地がくっつかないように工夫して干す」

ピンチハンガーに吊るす際は、以下の写真のように「アーチ型」になるように干すと、ランダムに干した時よりも乾燥時間の向上が見込めるのでお試しください。

2)風を起こす扇風機やサーキュレーターを使用する

サーキュレーターや扇風機で風を当てるのですが、風の当て方も工夫次第で乾きやすくなります。よく「全体に風が当たるようにしている」方が多いと思いますが、

「洗濯物の下の部分に当たる程度に風を向けてあげる」のが一番効率よく、乾きやすい風の当て方になります。

これは、水分が空気よりも思いため、吊り下げた下の部分に集まっていくため、下の空間の空気をより大きく動かす事で、蒸発した空気が入れ替わりより乾燥を促してくれる結果に結びつける事ができるのです。

3)24時間換気が無い場合は、キッチンの換気扇を弱で動作させる

雨が降っている外よりも部屋の中の空気が湿度が高くなりがちなので、24時間換気がある場合は、それを利用するかキッチンの換気扇を弱でも良いので動かしてあげる事で部屋の中の空気を少なからず入れ替え続ける事ができます。

 

以上の3つの干し方をおさえて、乾きやすいリビング等で部屋干しすると、部屋干し臭がしない乾燥が実現できるのです。

また、多少の雨が降ってても、雨に濡れなければ軒下や窓際で干すのも意外と乾燥しやすい方法になるので、「リビングはちょっとね……。」っていう人は、「湿度が低く、空気の入れ替えが出来る場所で、干し方の条件」をそろえてもらえれば5時時間での乾燥は可能だと思うで、部屋干し臭いを少しでも防ぐため、「干す場所」、「干し方の工夫」をぜひ行ってみてくださいね!