安全運転アドバイス ~自転車事故防止編~

自転車事故は年間9万件発生しており、交通事故全体の約2割を占める高い水準です。(注)

自転車はどなたでも使用できる便利な乗り物ですが、「車両」であることを認識して安全運転に努めましょう。

交通事故の死傷者のうち約7人に1人が自転車乗用中であり、そのうち約半数が未成年と65才以上の高齢者です。(注)

(注)警察庁交通局「平成29年中の交通事故発生状況」

注意すべきポイントと対策

① 運転に集中する  ~「ながら運転」はやめましょう

ポイント 

★携帯電話やイヤホンを使用しながらの運転、傘を差しながらの運転などは、周囲に対   する注意が欠ける原因であり、大変危険です。

対策   

★携帯電話を使用する際は、安全な場所に停車して使用しましょう。

★踏切の音やクラクションなどに気づきにくくなるため、イヤホンの使用は控えましょう

★雨天時は視界も悪く、安全確認が不十分になりがちです。自転車の使用はできるだけ控え、代替交通機関の利用等を検討しましょう

!「ながら運転」は道路交通法や都道府県の条例などで禁止されている場合があります。

② 交通ルールを守る ~ルールを守ることが事故防止への第一歩です。

ポイント 

★自転車でも信号無視や一次停止、夜間の無灯火などは、大事故につながる恐れがあり大変危険です。

対策   

★信号や一次停止、」夜間の灯火、車道の左側走行、飲酒運転の禁止等、交通ルールを再確認して必ず守りましょう

★ブレーキやライト、ベル等の装置が正常に作動するか定期的に点検しましょう。

!交通ルールを守らない場合、道路交通法違反などのより罰せられる可能性があります。

万が一事故を起こしてしまうと・・・・

事故の加害者となった場合、高額な賠償金が生じる可能性があります。

★加害者である小学生の母親に高額な賠償金が生じた事故例(注) 賠償請求 約9500万円

小学5年生の男子児童が自転車で走行中、女性歩行者(62才)と正面衝突。女性は傷害を負い、意識が戻らない状態となった。少年の前方不注意が事故の原因であることから、監督義務を果たしていないとして、少年の母親に賠償が命じられた。(神戸地方裁判所 平成25年7月4日判決)