夏休みです。子どもの事故に気をつけましょう

 夏休みに入り、各地で小学生などが犠牲になる交通事故が発生しています。

子どもは、交通社会に未成熟でルールを守らなかったり、ときには危険な行動をすることもありますが、それでも事故を防ぐために、ドライバー側が細心の注意を払わなければなりません。

 住宅街や子どもが多くいる公園や塾の周辺などを走行するときには、細い路地や建物の死角などからの飛出しを警戒してスピードを落として走行してください。また、身長の低い子どもは車などの死角に入りやすいので、交差点を右左折するときには、慎重なうえにも慎重な安全確認をお願いします。