【豪雨による水害へのソナエ】知っておくべきポイント

河川の氾濫による住宅の浸水被害など、水害による影響が多く報じられています。2018年7月には、西日本を中心に記録的な大雨による甚大な被害が相次ぎました。大雨や河川の増水等の自然現象は止めることはできませんが、これらによる被害は事前に準備をしておくことで軽減することができます。今回は、豪雨に備えて知っておくべきことについてご紹介します。

自宅を浸水から守るためにはどんな準備が必要?

まずはハザードマップで自宅周辺の地理状況をチェック

国土交通省ハザードマップポータルサイト(https://disaportal.gsi.go.jp/別ウィンドウで開く)では、都道府県名や市町村名を選択するだけで、簡単に各市町村が作成したハザードマップにアクセスすることができます。まずは自宅周辺や避難先となる施設、避難経路、近隣の河川などの地理状況をチェックし、周辺地域の浸水の可能性を把握しておきましょう。

側溝や排水溝の水はけをチェック、土のうなどの用意を

自宅周囲の側溝や排水溝は、豪雨の予報に関わらず普段からまめな清掃を心がけ、水はけを良くしておきましょう。いざという時、排水口に落ち葉やゴミが詰まってしまい、雨水が行き場をなくして浸水のリスクが高まります。また、路肩の排水溝の上には段差解消用のスロープなどがある場合がありますが、排水口が塞がれてしまうため、こちらも事前にチェックしておきましょう。

雨足が強まってくる前に、土のう、水のう、止水板なども用意できると安心です。水の流れ込みやすい場所や玄関を守るのはもちろん、低い場所などにある浴室、トイレ、洗濯機の排水周りに設置することで、水が下水道から逆流することを防げます。専用品でなくても、重ねたゴミ袋に土や水を詰めたり、ポリタンクに水を入れたりしたもので代用できます。

豪雨に強い風を伴う場合、窓はカーテンを閉め雨戸をしっかり閉め、必要があれば補強も

窓と雨戸はしっかりと閉め、必要に応じてガラスに飛散防止フィルムを張るなどの補強対策をしましょう。カーテンやブラインドを下ろしておくと、万が一、飛来物などでガラスが割れた時の対策にもなります。

避難する時にはどんな準備が必要?

日頃から緊急時の連絡手段や避難方法について決めておく

浸水が心配されるほどの豪雨であれば、自宅を出て避難する可能性もあります。こういった非常時には、なかなか冷静な対応がしにくいものです。できれば日頃から、緊急時はどこへ避難するのか、家族と離れている場合はどのようにして連絡を取り合うか、ハザードマップで経路も確認しながら皆で話し合っておきましょう。いつでも携帯電話が使えるとは限りませんから、連絡方法は複数決めて、優先順位をつけておくと安心です。

非常用持ち出し袋の用意・点検をしておく

懐中電灯、携帯用ラジオ救急薬品、衣類、非常用食品、携帯ボンベ式コンロ、貴重品などをまとめた非常用持ち出し袋は、すでに用意している方も多いかもしれません。ただ、頻繁に使うものではないだけに、いつのまにか使用期限や消費期限が切れていたり、経年劣化してしまっている場合があります。懐中電灯や携帯用ラジオ用には、乾電池の予備も用意しておくよいでしょう。また、豪雨の予報に関わらず、普段から定期的に点検する習慣をつけておきましょう。

いざ避難するときは徒歩で、スニーカーとリュックが好ましい

自動車は10~30cm程度の水深でもブレーキが利きにくくなります。道路が低くなっているところなどでは、十分考えられる水深です。また、水に浸かることにより水圧で扉が開かなくなったり、動かなくなってしまう危険もあります。避難の際は車ではなく、できれば徒歩を選びましょう。その際には、足を取られやすい長靴よりも動きやすいスニーカーを履き、両手が空くように荷物はリュックなどで運ぶようにしてください。ちなみに、徒歩でも水深がひざ下程度まで迫ると、歩くのが困難になります。こうなった場合は、頑丈な建物に留まる方が安全なこともありますから、柔軟に判断しましょう。